2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

カテゴリー「気象」の97件の記事

2006年5月10日 (水)

台風1号発生

5月9日21時、フィリピンミンダナオ島の東で熱帯低気圧が台風1号に変わったようです。

2006年2月14日 (火)

暖かい

今日は暖かな一日でした。20時現在のアメダスを見ると、関東地方の広い範囲で15℃を超えていました。

明日はもっと暖かくなりそうです。

春近しですね。

ただ、まとまった雨が降りそうなので、気象庁では雪の多い地方における、融雪による雪崩、洪水に注意を呼び掛けています。

2006年2月 1日 (水)

地震の影響

地震の影響

関東地方で今夜発生した地震の影響の影響により、JR東海道線、横須賀線、京浜東北などが止まっています。

そのため、京浜急行線が混雑&遅れています。疲れます。

しかし、東海道線や横須賀線でしか帰れない人は、何時に帰れるか分からないため、もっと大変だと思います。

京浜急行品川駅改札は入場に列が出来ています。

2006年1月29日 (日)

第25回気象予報士試験実施される

昨日の記事で書いたとおり、今日(1月29日)第25回気象予報士試験が行われました。

早速のその問題を入手したので、少しだけ感想を書きたいと思います。

と、その前に、今回は問題用紙の差し換えがありました。

続きを読む "第25回気象予報士試験実施される" »

2006年1月28日 (土)

第25回気象予報士試験

明日(1月29日)、全国6箇所の都市において第25回気象予報士試験が開催されます。

2003年夏の試験以降、受験応募者の数が5,000人を越えている気象予報士試験は、今回の受験応募者数も5,491人と相変わらず人気の高い試験となっています。

ただ、試験当日には1割程度が欠席をするので、実際の受験者数は4,900人程度となるかも知れません。

ところで、学科試験でいきなり解答用紙にマークをしながら解答していく受験者をよく見かけますが、マークは解答、見直しを終えてから、一気に塗りつぶした方が、マークミスが少なくなるし(最後の問題になって1問ずれていることに気付くのは、えらいことです)、解答を訂正するためにマークを消しゴムで消す手間も減るかと思います。

まぁ、そんな余計なこと言われなくても、自分のやり方でするのが一番だとは思いますが(^_^;)。

2006年1月26日 (木)

日本最低気温を記録した日

今から104年前の昨日(1902年1月25日)は、旭川で-41.0℃という日本最低気温を記録した日でした。

猛烈な寒波がやって来ているこの冬でも、今のところその記録は破られてはいません。

その年は、一体どれ位の寒さだったんでしょうね。

ちなみに、世界最低気温は、1983年7月21日に南極ボストーク基地で記録された-89.2℃だそうです(>_<)。

2006年1月21日 (土)

横浜は雪です

横浜は雪です

今朝起きれば、積もってました。

昨夜段階の天気予報を見ていて、積もるほど降るのかな?と思っていたんですが(と言うか、雪ではなく雨と思っていた)、ご覧のとおりです(*'。'*) 。

2006年1月19日 (木)

日が少し長くなってきました

今日17時過ぎに外を見ると、まだ少し明るさが残っていました。

ゆっくりではあるんですが、日が少し長くなってんですね。

「春の日は、畳の目ひとつひとつを数えるように、ゆっくり長くなってゆく」と、小さい時に祖母に教えて貰った記憶があります。

明日1月20日は大寒、まだまだ寒い日が続きますが、春はゆっくり近づいています。

2005年12月20日 (火)

まだまだ続くこの寒波

いや~、それにしても寒いですねぇ。なんだか、師走に
入ってからというものずっと寒い日が続いているような
気がします。

特にここ数日間の寒波はまれに見るようなもので、一時は
間宮海峡の上空5,100m付近における気温が氷点下51℃
なんていう予報も出ていました。

その後、この寒気の予報は少し衰えましたが、それでも
ものすごく寒いことに違いはありません。

この上空5,100m~5,500m付近(正確には500hPa等圧面)の
気温は、冬の寒気の強さを表すときによく用いられるわけ
ですが、一般的にここの気温が氷点下30℃以下なら、
雪が降るとされています。

そして、氷点下36℃以下なら、大雪となる目安です。

今回は、北陸地方から東北地方の上空に氷点下40℃以下の
寒気がやってきたわけですから、もうえらいことです。

普段、大雪や寒さになれていない所で大雪が降ったり、
寒波がやってくると、思わぬ怪我をしたり、植物
(農作物)、建物、交通機関に悪影響をもたらしたりします。

予報によれば、この状態は来月中旬まで続くようです。
身体や植物を労らなければなりませんね。


人気blogランキング、ベスト3入り混戦状態です。
皆様の投票をお待ちしております。

2005年11月10日 (木)

台風「天秤」発生

11月10日9時、フィリピンの東で台風22号が発生しました。この台風の愛称は日本語の「天秤(てんびん座)」です。

台風の愛称については、以前このブログでも書いたとおり、日本ではあまり普及していません。また、無理にこの愛称を使う必要もないと、私は思っています。

せっかくつけた愛称だからと無理やり普及させようとする人もいますが、それは今後世論がそれを受け入れるか受け入れないかに懸かっているのだと思っています。


次から次へと日本に接近、上陸した去年の台風と違い、今年の台風発生数はこれまでのところ22個です。

また、年間の平均的な台風の発生数は28個程度です。

日本の南で発達した雲の発生が少なくなってきたことを考えると、今年の台風シーズンはほぼ終わったのかもしれません。

今年は、いつもの年に比べても台風の少ない年となるかもしれないですね。


人気blogランキングへの投票もよろしくお願いいたします。皆さまの応援をお待ちしています。

より以前の記事一覧

ラナの日々シリーズ最新記事

無料ブログはココログ