2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 第25回気象予報士試験 | トップページ | こういうのも営業? »

2006年1月29日 (日)

第25回気象予報士試験実施される

昨日の記事で書いたとおり、今日(1月29日)第25回気象予報士試験が行われました。

早速のその問題を入手したので、少しだけ感想を書きたいと思います。

と、その前に、今回は問題用紙の差し換えがありました。

問題用紙の差し換えは、実技1の問題であったわけですが、出題ミスというのではなく、単に印刷が薄かったために見やすいものに差し替えられただけです。

この問題に対して、大きな混乱はなかったようです。

で、肝心の感想ですが、学科が前回までに比べて試験問題らしくなったような気がしました。選択肢のややこしさがなく、その分勉強していないと解けない問題、知らないと解けない問題が増えていたような感じです。

学科一般知識では、あれっ???というような問題もありました。

実技試験1は、2005年5月18~19日に日本海を低気圧が発達しながら通過したときのもので、本州の大雨や北海道の西海上における波浪に関する問題が出題されていました。

なお、19日には北海道広尾町で最大瞬間風速41.6m/sが観測されています。

実技試験2は、2004年9月28日に台風21号が九州に接近していたときのもので、台風により前線が活発化し、紀伊半島南東斜面における大雨に関する問題が出題されていました。

なお、この日三重県宮川村を中心に三重県などで大雨被害が出ています。

« 第25回気象予報士試験 | トップページ | こういうのも営業? »

気象」カテゴリの記事

コメント

初めまして~~w
大阪で僕も受験したんですが、問題の差し替えがありました。
しかも間違って実技Ⅱの問題が実技Ⅰのときに配られたみたいで、休み時間㊥に実技Ⅱは台風だという情報が友達を通じて回ってきました。
しかも試験時間が10分遅れたり不手際が凄かったです。
開始の合図があるまで問題用紙に触ってはいけないの年配の方を中心に名前書いてたり・・・受験マナーも悪かった、、
気象業務センターの管理能力を疑ってしまう試験でした・・。

kojiさん、こんにちは。コメントありがとうございました。

ええっ~、そんなことがあったんですか?

> しかも間違って実技Ⅱの問題が実技Ⅰのときに配られたみたいで、休み時間㊥に実技Ⅱは台風だという情報が友達を通じて回ってきました。
>
ということは、その実技1と2を取り違えてしまったのは、一部の教室だけだったんでしょうか?

kojiさんの教室では、間違えがなかったんでしょうか?

これは、気象業務支援センターの大失態ですね。センター試験なら、間違えなく再試験となりそうなところですが、どのような措置を取るんでしょうね?


> しかも試験時間が10分遅れたり不手際が凄かったです。
>
休憩時間が短い中、大教室などの受験者の多いところでは、ある程度仕方ないかも知れませんが、受験者にとっては、焦りますよね。


開始の合図があるまで問題用紙に触ってはいけないの年配の方を中心に名前書いてたり・・・受験マナーも悪かった、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第25回気象予報士試験 | トップページ | こういうのも営業? »

ラナの日々シリーズ最新記事

無料ブログはココログ