2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

« ブログ開始一周年 | トップページ | 沖縄の海は少し荒れてました »

2005年11月19日 (土)

風車のブレードをヘリで輸送(その2)

一昨日の書き込みで大型風車のブレードをヘリで輸送する
ということにびっくりしたと書きました。

それは、ヘリコプターでは大型風車の資材は重すぎて
運べないと言われていたからです。

詳しくは知らないのですが、ヘリコプターの最大可載重量は
5t程度だと聞いたことがあります。

一方、今回輸送に成功した風車(三菱重工業製MWT-1000A、
発電出力1,000kW)のブレード1本の重量は4.5t、
長さは29.5mです。

最大可載重量ぎりぎりの輸送だったかもしれないですね。

しかし、ナセル(タワーの上にありブレードの軸や発電機
などが入っている箱)の重量は20t以上、タワーの重量は
3分割して1本が20t以上はあるでしょう(発電出力1,000kWの場合)。

これらは結局、陸送しなければならないわけで、輸送問題が
完全にクリアされたわけではありません。

また、発電出力が2,000kWになると、ブレードの重量は
10t程度なので、ヘリコプターによるブレードの輸送は
発電出力1,000kW程度が限界なのかもしれません。


人気blogランキングへの投票もよろしくお願いいたします。皆さまの応援をお待ちしています。

« ブログ開始一周年 | トップページ | 沖縄の海は少し荒れてました »

風力発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログ開始一周年 | トップページ | 沖縄の海は少し荒れてました »

ラナの日々シリーズ最新記事

無料ブログはココログ